50万m2の広大な自然公園でう。
入口を入ると「イギリス村」。
d0018424_21375732.jpg


ブラック&ホワイトの建築様式の古きイギリスの家々が並んでいます。

d0018424_21373867.jpg


d0018424_21374835.jpg

d0018424_21392412.jpg

d0018424_21393944.jpg

d0018424_21400094.jpg
虹の郷・HP





[PR]
# by kn-doll | 2016-12-05 21:35 | 風景

大仁温泉にて

某ホテルにて。
18畳の広い和室に通していただきました。
広くて清潔だけど、なんだか侘しい雰囲気。
子供3人とか、わいわいグループなら広々していて良かったんだろうけれど・・・。
d0018424_21340671.jpg

露天風呂。誰も入っていなくてずっと独り占め。
d0018424_21342307.jpg

夕食。男性には物足りないと思う。
お味は悪くはないけれど、伊豆らしさがない。
高級食材は不要だけれど、名産のわさびや黒米やお蕎麦だとか
自家製の漬物、温泉たまごとか温泉まんじゅうなんかがあればいいのに・・・。

d0018424_21343474.jpg

d0018424_21344342.jpg

檜の貸し切り風呂。
d0018424_21345363.jpg






[PR]
# by kn-doll | 2016-12-04 21:33 | 風景

黄金の湯 大仁温泉

伊豆箱根鉄道・大仁駅の前にある黄金の湯。
d0018424_21311287.jpg

温かいお湯がこんこんと湧き出していました。
大仁温泉を飲んだり、裸足でつかったりできます。

d0018424_21312770.jpg

金脈から湧き出たとされる大仁温泉の由来を紹介するパネルも設置されていました。
『大仁温泉は昭和12年の夏、大仁金山の地下98mから突然80度の高温で噴出したもので、
以来広く皆様にご利用いただいております。
大仁金山は、徳川幕府が江戸時代、佐渡金山と並ぶ豊富な埋蔵量があるとの事で、
厳重な警護の元に管理採掘されていたと伝えられております。
その後、時と共に変り、昭和の時代に帝国産金大仁鉱業所(補記・帝國産金大仁金山選鉱場:1937~1973)となり、
現在、採掘は中止されたままになっていますが、
温泉は変わる事なく金脈の中よりこんこんと湧出しており、
黄金の湯としてお楽しみいただいております。』

d0018424_21314535.jpg

大仁温泉は長嶋茂雄氏ら多くの野球選手が利用したことでも知られるそうです。

d0018424_21315650.jpg





[PR]
# by kn-doll | 2016-12-04 21:30 | 風景

日枝(ひえ)神社

修善寺の北東に位置し、鬼門を封じるために建てられたとされる神社。
d0018424_21290788.jpg

燃え立つような紅葉がきれいでした。

d0018424_21291813.jpg
境内にある樹齢800年という2本の杉。
d0018424_21293030.jpg

子宝の杉。
2本の杉の間を通ると子宝に恵まれると言われているそうです。

d0018424_21293940.jpg




[PR]
# by kn-doll | 2016-12-04 21:28 | 風景

独鈷(とっこ)の湯

修善寺温泉発祥の湯です。
約1200年前に弘法大師が仏具の「独鈷」で岩を砕いて、
霊泉を湧出させたと伝わっています。
現在は、観賞用として管理されています。
d0018424_21271506.jpg

朱塗りの欄干の桂橋より。

d0018424_21272546.jpg



[PR]
# by kn-doll | 2016-12-04 21:26 | 風景

修善寺 竹林の小道 

川沿いに約300m続く散策路。
青青をした孟宗竹が生い茂る涼やかな空間です。
空気がとても美味しい。
d0018424_21244723.jpg

緑の竹の先に青空が見えます。

d0018424_21245653.jpg

川沿いの紅葉が美しい。

d0018424_21242973.jpg








[PR]
# by kn-doll | 2016-12-04 21:23 | 風景

修善寺

修善寺に行ってきました。
まだ、きれいな紅葉が残っているのを見られて良かったです。
d0018424_21194179.jpg
弘法大師が創設したと伝わる古刹。
修善寺の地名の由来でもあります。
鎌倉時代には源氏滅亡の舞台になったと言われています。
d0018424_21195127.jpg
・・・意外と小さいお寺ですね。
d0018424_21200078.jpg
本堂に行く脇にある鐘
d0018424_21203504.jpg
境内の地面には落ちた紅葉が。
d0018424_21210568.jpg



[PR]
# by kn-doll | 2016-12-04 21:19 | 風景

石門付近

昇仙峡・石門付近。
見上げるとこんな感じです。
d0018424_14204441.jpg

ほんとうに仙人が住んでいそうな風景でした。

d0018424_14205246.jpg
遊歩道は、石門を通り抜けて続いてます。
d0018424_14210127.jpg




[PR]
# by kn-doll | 2016-11-19 14:22 | 風景

昇仙峡 石門へ

巨岩があちらこちらに転がっており、自然が作り出したとは思えないような奇岩名石が点在しています。
この辺りは花崗岩の白い岩肌と木々のコントラストが特に美しいです。
イワナとヤマメの生息地。大きな魚影を見かけました。
d0018424_14153151.jpg

その周囲には紅葉樹と常緑樹が茂り、白い岩肌と相まって、
ダイナミックな渓谷美に目を奪われます。

d0018424_14155040.jpg

ここの地質は主に花崗岩(黒雲母花崗岩)から成っています。
岩肌が白っぽいのはこの花崗岩によるものだとか。
昇仙峡を代表するシンボル的な景観です。

d0018424_14160302.jpg
「石門」といわれる巨大な岩のトンネル。
一見すると上の石は下の石に支えられているように見えますが、驚いたことに実際は離れています。
パワースポットとしても有名な場所です。
d0018424_14162921.jpg






[PR]
# by kn-doll | 2016-11-19 14:17 | 風景
昇仙峡の最奥部に位置する仙娥滝。
日本の滝100選にも選ばれている直瀑30mの滝です。
特に紅葉時期が美しいといわれています。
・・・新緑や雪景色もきっときれいだと思います。
ぜひまた来てみたい。
d0018424_14112966.jpg
仙娥滝の娥は仙女の意味で、なめらかな花崗岩を流れる美しさから仙娥滝と呼ばれているそうです。
この滝は地殻変動による断層によって生じました。
花崗岩の岩肌を削りながら落下している滝です。

d0018424_14113958.jpg
とびちる飛沫に虹が架かっているのを見ることができました。
d0018424_14114930.jpg






[PR]
# by kn-doll | 2016-11-19 14:12 | 風景

家庭菜園の収穫や風景、手作りのお菓子etcをUPしています。お気軽にコメントをどうぞ。リンクはフリーです。^^


by kn-doll