妖精たちとお茶を

fairytea.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

石門付近

昇仙峡・石門付近。
見上げるとこんな感じです。
d0018424_14204441.jpg

ほんとうに仙人が住んでいそうな風景でした。

d0018424_14205246.jpg
遊歩道は、石門を通り抜けて続いてます。
d0018424_14210127.jpg




[PR]
by kn-doll | 2016-11-19 14:22 | 風景

昇仙峡 石門へ

巨岩があちらこちらに転がっており、自然が作り出したとは思えないような奇岩名石が点在しています。
この辺りは花崗岩の白い岩肌と木々のコントラストが特に美しいです。
イワナとヤマメの生息地。大きな魚影を見かけました。
d0018424_14153151.jpg

その周囲には紅葉樹と常緑樹が茂り、白い岩肌と相まって、
ダイナミックな渓谷美に目を奪われます。

d0018424_14155040.jpg

ここの地質は主に花崗岩(黒雲母花崗岩)から成っています。
岩肌が白っぽいのはこの花崗岩によるものだとか。
昇仙峡を代表するシンボル的な景観です。

d0018424_14160302.jpg
「石門」といわれる巨大な岩のトンネル。
一見すると上の石は下の石に支えられているように見えますが、驚いたことに実際は離れています。
パワースポットとしても有名な場所です。
d0018424_14162921.jpg






[PR]
by kn-doll | 2016-11-19 14:17 | 風景

昇仙峡 仙娥滝(せんがたき)

昇仙峡の最奥部に位置する仙娥滝。
日本の滝100選にも選ばれている直瀑30mの滝です。
特に紅葉時期が美しいといわれています。
・・・新緑や雪景色もきっときれいだと思います。
ぜひまた来てみたい。
d0018424_14112966.jpg
仙娥滝の娥は仙女の意味で、なめらかな花崗岩を流れる美しさから仙娥滝と呼ばれているそうです。
この滝は地殻変動による断層によって生じました。
花崗岩の岩肌を削りながら落下している滝です。

d0018424_14113958.jpg
とびちる飛沫に虹が架かっているのを見ることができました。
d0018424_14114930.jpg






[PR]
by kn-doll | 2016-11-19 14:12 | 風景

カニほうとう・金目鯛の陶板焼き・松茸ご飯

昇仙峡のほうとう会館にてランチ。
ほうとうはここの名物です。

d0018424_14091739.jpg

金目鯛の陶板焼き。

d0018424_14084245.jpg

松茸ご飯と漬物。

d0018424_14085394.jpg

カニほうとう。
大きなカボチャが甘くておいしかったです。

d0018424_14090842.jpg



[PR]
by kn-doll | 2016-11-19 14:09 | 料理

 観音像

昇仙峡・天台宗羅漢寺の前の小さな観音像。

d0018424_14023079.jpg


d0018424_14024442.jpg



[PR]
by kn-doll | 2016-11-19 14:06 | 風景

天鼓林

県の天然記念物に指定された名所「天鼓林(てんこりん)」。
天鼓林(てんこりん)とは、読んで字のごとく林が天然の太鼓になったものだそうです。
林の中で足を強く踏み鳴らすと地中から鼓に似た音が返ってくるとか。

d0018424_13584579.jpg

昇仙峡随一の壮観とも言える「天鼓林」は紅葉スポットとして有名です。
起伏のある小さな土地に、モミジばかりが競うように茂っています。
d0018424_14001204.jpg
林の中の“限られた場所”に立って足を強く踏み鳴らすと、
地中からポンポンと鼓の音に似た共鳴音がかえってくるそうです。
d0018424_14002736.jpg
・・・やってみたけれど、うまくいきませんでした。
その代り、燃え立つような紅葉が見られたから満足です。^^
d0018424_14004092.jpg

d0018424_14005287.jpg



[PR]
by kn-doll | 2016-11-19 14:01 | 風景

天鼓林へ 山道2

昇仙峡には奇岩・奇石がいっぱい。
渓谷沿いの道を進むとえぼし岩が。

d0018424_13542728.jpg


d0018424_13544228.jpg

岩がゴロゴロと転がっている渓谷。

d0018424_13545252.jpg

d0018424_13550749.jpg

吊り橋。

d0018424_13552063.jpg







[PR]
by kn-doll | 2016-11-19 13:55 | 風景

天鼓林へ 山道

山道を歩いて昇仙峡の天鼓林へ向かいます。
空気がすごく美味しい。
マイナスイオンの発生しているのがわかります。

d0018424_13475151.jpg
そして周囲は紅葉が最高に美しいです。
来て本当に良かった。^^
この紅葉の樹は、黄色とオレンジと朱色が混じっていて見事でした。
d0018424_13480136.jpg
川辺を歩く渓流散策。

d0018424_13481146.jpg

d0018424_13483046.jpg

d0018424_13490279.jpg









[PR]
by kn-doll | 2016-11-19 13:49 | 風景

覚円峰と天狗岩

紅葉を見に天鼓林と昇仙峡へ。
昇仙峡は、秩父多摩甲斐国立公園(埼玉県、山梨県、長野県、東京都に跨る)に属し、国の特別名勝にも指定されています。正式名称は御嶽昇仙峡(みたけしょうせんきょう)というそうです。
最高の良いお天気に恵まれました。
車窓から富士山が見られてラッキー。
d0018424_13401525.jpg
左の尖った岩が覚円峰で右の岩が天狗岩。
覚円峰の高さは180mあり、澤庵禅師の弟子である「覚円」が岩頭で座禅を組んだのが名前の由来だそうです。
花崗岩が風化水食をうけた末に出来上がったものだとか。
覚円峰の向かいには天狗岩というゴツゴツした岩肌の山があって、滑らかな岩肌を持つ覚円峰とは対照的です。
d0018424_13403490.jpg
天狗岩。
天狗の横顔に見えるということですがよくわかりません。
鼻の高くない天狗のようです。
d0018424_13404538.jpg
見上げるばかりの巨大な岩峰「覚円峰(かくえんぽう)」
悠然とした姿は昇仙峡のシンボルとなっています。
d0018424_13410144.jpg




[PR]
by kn-doll | 2016-11-19 13:43 | 風景

アウトドアカフェ 山小屋 2

林の中にあるアウトドアカフェ山小屋。
ランチを食べに行きました。
d0018424_15150893.jpg
奥まった静かな席に案内されました。
d0018424_15171530.jpg
窓からの光が心地よいです。
d0018424_15165702.jpg
ここのお店ではお客さんが自分で生クリームの瓶を振って、
フレッシュバターとバターミルクを作ることができます。
d0018424_15183424.jpg
無事、分離に成功。
完成したフレッシュバターとバターミルク。
パンとコーヒーに使います。
d0018424_15184239.jpg
スープにはニンジンと玉ねぎのみじん切りが入っていて美味でした。
サラダにもうさぎニンジンが。
ドレッシングはさっぱりしていて好みの味でした。
d0018424_15185497.jpg
自家製パン、ダッチオーブンで煮込んだ鶏肉のカチャトーラ(猟師風)、
さつまいもときのこのグラタン、かぼちゃのサラダ、柿と豆苗のマリネ。
ボリューム少な目と思ったけれど意外としっかりお腹にたまりました。
d0018424_15191219.jpg
レンコンとごぼうとの和風スパゲティー。
生パスタがもちもちシコシコしていました。^^
d0018424_15192197.jpg
大振りの益子焼のカップで供されるコーヒー。
先ほど自分で作ったミルクを入れていただきました。
d0018424_15192974.jpg
天井が高くて斜めで、いかにも山小屋らしい雰囲気です。
ゆったり過ごすことができました。
d0018424_15175806.jpg

山小屋・FB

山小屋・食べログ



[PR]
by kn-doll | 2016-11-07 15:25 | 風景