妖精たちとお茶を

fairytea.exblog.jp
ブログトップ

覚円峰と天狗岩

紅葉を見に天鼓林と昇仙峡へ。
昇仙峡は、秩父多摩甲斐国立公園(埼玉県、山梨県、長野県、東京都に跨る)に属し、国の特別名勝にも指定されています。正式名称は御嶽昇仙峡(みたけしょうせんきょう)というそうです。
最高の良いお天気に恵まれました。
車窓から富士山が見られてラッキー。
d0018424_13401525.jpg
左の尖った岩が覚円峰で右の岩が天狗岩。
覚円峰の高さは180mあり、澤庵禅師の弟子である「覚円」が岩頭で座禅を組んだのが名前の由来だそうです。
花崗岩が風化水食をうけた末に出来上がったものだとか。
覚円峰の向かいには天狗岩というゴツゴツした岩肌の山があって、滑らかな岩肌を持つ覚円峰とは対照的です。
d0018424_13403490.jpg
天狗岩。
天狗の横顔に見えるということですがよくわかりません。
鼻の高くない天狗のようです。
d0018424_13404538.jpg
見上げるばかりの巨大な岩峰「覚円峰(かくえんぽう)」
悠然とした姿は昇仙峡のシンボルとなっています。
d0018424_13410144.jpg




[PR]
by kn-doll | 2016-11-19 13:43 | 風景