お宮の松・貫一、お宮の像

熱海といえば、小説『金色夜叉』(こんじきやしゃ)に登場する主人公「貫一とお宮」、「お宮の松」。

『金色夜叉』
間貫一(はざまかんいち)が、許婚の鴫沢宮(しぎさわみや)を資産家の富山唯継(とみやまただつぐ)に奪われ、高利貸しの鬼となるストーリー。
小説は尾崎紅葉の死によって未完のまま終わり、それが読者の想像力をかきたてたようです。
d0018424_1101987.jpg

岸の国道沿いにあって、多くの人が訪れる人気スポットです。
d0018424_1113016.jpg

現在の「お宮の松」を二代目として植栽されたもの。
d0018424_1115285.jpg

こちらが初代「お宮の松」。
d0018424_1145853.jpg

商店街で温泉まんじゅうやワサビ漬けを買いました。
d0018424_114516.jpg

[PR]
by kn-doll | 2011-05-27 11:00 | 風景

家庭菜園の収穫や風景、手作りのお菓子etcをUPしています。お気軽にコメントをどうぞ。リンクはフリーです。^^


by kn-doll